カテゴリ: 髪の知識

マイルドで持続的なストレスは髪にダメージが大きい

私は30年来、「円形脱毛症」の治療に携わっています。ここでは、円形脱毛症もほかの病気と同様、早期に適切な治療をすれば、長引かせずに済むことをお伝えしましょう。

さて、円形脱毛症が心身症であることは、広く認知されています。その病因として従来からいわれてきたのがストレス説、自律神経失調説、自己免疫説、内分泌説、遺伝説などです。

ところが、現在の皮膚科学会の主流は、原因不明の自己免疫説に絞られています。ストレスは無関係とする意見も多いのですが、それでは、円形脱毛症は治せません。

この病気を治すには、「ストレスで引き起こされた心身症」という視点に立ち返る必要があります。心身症は自律神経の異常を介して生じます。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスによって、体調を調整している神経です。心身のストレスは交感神経を緊張させて、自律神経の調整力を乱します。こうして交感神経が緊張すると、血管(毛細血管) が収縮し、末梢の血流が悪くなります。そこでダメージを受けやすいのが、頭皮に生える髪です。

というのも、髪は月に1cmも成長する組織であり、成長が速い分だけ、多くの栄養とエネルギーを要するからです。その栄養を供給するのが血液です。すなわち、交感神経の緊張から頭皮が血流不足に陥ると、毛組織も栄養不足となり、不完全な細胞がふえるのです。

問題は、こうして毛組織に不良細胞がふえると、それらを排除するリンパ球が過剰反応を起こしやすくなることです。本来は抜けるべきでない髪が抜け落ちるのも、不良細胞の増加に伴い、過剰に活性化したリンパ球が、毛根に不要な炎症をもたらした結果です。

しかし、その発端に存在するのはストレスです。円形脱毛症の患者さんのストレスは、総じてマイルドである一方、3ヶ月ほど続いているのが特徴です。実際には、そのマイルドな継続的ストレスがいくつか重なり、発症するケースが多いのです。

こうした円形脱毛症のストレスは、複合汚染が体をむしばむように、ジワジワとダメージを与えるもので、本人が自覚しにくい点に問題があります。その典型的ストレスの1つは、睡眠不足( ほとんどの人が6時間以下) です。ストレス対策も、まずはじゅうぶんな睡眠を取り、規則正しい生活を心がけることから始めてください。

乱れた自律神経を整えて血流を促す

こうしてストレスをへらす一方で、乱れた自律神経を整え、血流の改善を促す治療に取り組むと、より回復が促されます。
その効果的な方法として、私は「爪もみ」を勧めています。爪もみは、爪の生え際にある「井穴」というツボを、指で刺せいけつ激する健康法です。

井穴は自律神経の調整ポイントとして東洋医学に伝わるツボです。効果を信じて真剣に行えば、体調の変化を実感できるはずです。爪もみをした後、手がポカポカするのは、交感神経の緊張がほぐされた証拠です。
髪が生えそろうまでは、1日2~3回を目標に、毎日継続しましょう。早期に爪もみを開始し、体を温めながら積極的に血流の回復を図った人は、早期に改善します。

https://more-supplement.info/use/archives/1252

60歳代になると毛細血管が3割も減少する

香辛料のシナモンは、昔から「桂皮」として、漢方薬にも使われてきました。そして、近年の研究によって、シナモンの持つさまざまな健康効果が判明しつつあります。

例えば、シナモンには、血糖値を下げる効果があることがわかり、糖尿病のかたにお勧めの食品であることがわかってきています。

そして、皮膚の毛細血管の老化防止のために、シナモンが役立つことを突き止めました。皮膚の毛細血管は、肌自身の美しさや若さを保つのにも重要な働きをしていますから、皮膚の毛細血管の老化防止ができれば、それはすなわち、肌の老化防止につながるというわけです。

また、頭皮に限っていえば、老化によって生じてくる抜け毛などをシナモツが予防し、頭髪の維持に役立つ可能性もあることがわかってきました。

そこで今回は、シナモンの皮膚の毛細血管に対するアンチエイジング(抗老化)効果を中心に、紹介したいと思います。

https://more-supplement.info/use/archives/1252


年を取るにつれて、皮膚の毛細血管が減少することは、以前から知られていました。若いときに比べて、60~70歳代になると、30% も、毛細血管がへってしまうのです。では、老化の始まった毛細血管では、どんなことが起こっているのでしょうか。

その説明をするためには、最初に、血管の構造についてふれておきましょう。血管は、血管内皮細胞と、それを覆う壁細胞の二層構造になっています。この二層構造がきちんと維持されていれば、毛細血管から必要な量の栄養分が染み出て、皮膚の隅々まで届けられます。

ところが、年を取るにつれ、この二層構造に変化が現れます。40代後半以降になると、血管内皮細胞と壁細胞との、この二層の接着がはがれやすくなるのです。

そして、この二層構造が維持できずに、壁細胞がはがれると、血管から老廃物などがもれ出してしまいます。
それが、皮膚のシミや、むくみなどの原因となるのです。この血管内皮細胞と壁細胞の二層構造を、維持するのに重要な働きをしているものが、血管内皮細胞にある「Tie2」と呼ばれる受容体です。

この受容体が活性化されていると、血管内皮細胞と壁細胞がよく接着し、栄養分などが皮膚の隅々まで送り届けられることになります。

シミが薄くなりむくみも解消

加齢とともに、このTie2の活性が、落ちていくことがわかっていました。私たちは、このTie2 の活性を、上げる成分がないかどうか調べました。

そして、多くの天然由来成分をチェックした結果、見つけたものが、シナモンだったのです。シナモンは、Tie2の活性を上げることによって、いったんはがれてしまった血管内皮細胞と壁細胞とを、再び接着する働きもしてくれます。これにより、もれやすくなっていた血管も修復されることになります。

そして、それが皮膚のシミやむくみなどを、改善することにもつながってくるのです。いい換えれば、シナモンは、血管の構造を安定させ、美肌効果や、アンチエイジングの効果をもたらすといってよいでしょう。

十数人のかたにシナモンを服用してもらって行った臨床実験では、実際、皮膚のシミが薄くなり、むくみも改善したという報告がなされています。

それでは実際に、このような美肌効果やアンチエイジング効果を上げるためには、1日にどれくらいの量のシナモンを、摂取すればいいのでしょうか。

私たちの実験結果から類推すると、シナモンパウダーで1日0.6mgとるといいと考えられます。そして、皮膚の毛細血管に対する、シナモンのこうした効果は、理論的には、頭皮についても当てはめることができると考えられます。

当然のことながら、頭皮にも多数の毛細血管が存在します。「毛根」と呼ばれる髪の根もとや「毛包」という鞘状の部分で覆われています。この毛包は、毛根部を保護するとともに、毛の成長に関しても重要な働きを担っています。

ことに毛包には、毛細血管が非常にたくさん集まっています。加齢によって、この毛細血管の老化が進めば、毛細血管自体の数もへっていきますし、先ほど述べたのと同様の現象が起こります。

つまり、血管内皮細胞七壁細胞の接着がはがれ、毛細血管の機能低下が起こり、毛根へも栄養分がじゅうぶんに送られなくなります。その影響を受けて、毛が抜けやすくなるなどの老化現象が起こってくると予想されます。

そこで、シナモンを適量摂取して、毛細血管の機能低下を防ぐことができれば、毛細血管自体の数をへらすことも予防できますし、毛根部への栄養供給もじゅうぶんになされるようになるでしょう。

この結果として、抜け毛などの予防・改善効果も期待できると考えられるわけです。ただし、シナモシは、過剰に摂取すると、肝障害を起こす危険性がありますから、とりすぎは禁物です。目安としては、1日10mg以上はとらないようにしてください。

皮膚を守り水分の蒸発も防ぐ常在菌

現荏、日本には抗菌グッズがあふれています。テレビでは、抗菌、除菌、消臭をうたう商品のコマーシャルが頻繁に流れ、実際に私たちが日常的に手にしている商品は、ボールペンから下着に至るまで、抗菌グッズだらけといっていいでしょう。

日本にいる限り、抗菌グッズにふれないで生活することはできない状況になっています。日本は、まさに抗菌社会です。
多くのかたは、抗菌グッズで菌を寄せつけないようにしていれば、健康が保たれやすいと考えていると思いますが、決してそんなことはありません。

むしろ抗菌社会そのものが、新たな病気を生み出しているのです。日本人は、「洗えばきれいになる」と思って、せっせと体を洗います。しかし、事態は全く逆で、「洗いすぎると汚くなる」のです。これは、どういうことでしょうか。

私たちの体は、いろいろな微生物で守られています。皮膚には、表皮ブドウ球菌などの10種類以上の常在菌が存荏し、私たちの皮膚を守っているのです。

鼻やほお、あごには、200万以上もの菌がひしめいています。きれいな肌というのは、この皮膚の常在菌によって保たれているといえるでしょう。

常在菌は、皮膚の脂肪をえさにして、脂肪酸という酸性の膜をつくつて皮膚を守ります。この膜があるからこそ、外からのアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となるもの)や、悪い菌などが皮膚に侵入するのを、防いでくれているわけです。

同時に、皮膚内部の水分が蒸発しないようにしています。肌を洗いすぎると、皮膚の常在菌を洗い流してしまいます。すると、皮膚の角質層がばらばらになり、アレルゲンが侵入し、アトピー性皮膚炎になりやすくなるばかりか、皮膚の中の水分が蒸発し、乾燥肌にもなってしまうのです。

私が行った実験によると、石けんで体を洗うと、皮膚表面の常在菌は、90%が洗い流されていました。若い人なら、12時間程度で常在菌の数が正常に戻りますが、中高年以降になると、常在菌の数が正常に戻るのには、20時間程度必要でした。

つまり、若い人の場合、1日1回までなら、ふろで石けんを使って体を洗っても大丈夫ですが、2回以上洗うと、常荏菌の数が減少し、皮膚の角質がばらばらになったり、肌が乾燥したりと、悪影響が起こってきます。

ましてや中高年の場合、石けんで体を洗うのは、2日に1回くらいにとどめたほうが、皮膚のためにいいのです。60歳を過ぎたら、体を石けんで洗うのは2~3日に一度くらいで十分です。

洗髪は2日に1回かお湯のみにする

同様のことが、髪の毛についても当てはまります。頭皮の皮脂腺からは、皮脂が分泌されています。皮脂は、頭皮の常在菌の働きにより、汗と混じることで乳液状になり、頭皮や髪の毛に広がるのです。

そして、それが、ほかの皮膚の場合と同様に酸性の被膜を作ることで、頭皮を守っています。この皮脂がなくなれば、頭皮も毛髪も、カサカサと乾燥した状態になってしまうというわけです。

頭皮には、体の中で最も多く皮脂が存在します。このため頭皮は、体のほかの部位の皮膚よりも確かに丈夫なのですが、それでも頭髪を洗いすぎるのはよくありません。洗いすぎれば、面皮の皮脂を奪うことになり、それが髪や頭皮に対しても悪い影響を及ぼします。

皮脂が不足すれば、毛根にもよくありません。この意味で、石けんで体を洗いすぎると皮膚の健康のためにならないように、シャンプーで髪を洗いすぎることは、頭髪の健康を守るうえでも、いい結果をもたらさない可能性が高いのです。

逆にいえば、ちょっとくらい不潔なほうが、髪の健康のためにはいいといえるでしょう。

例えば、作家の五木寛之さんは、10日に1回くらいしか頭を洗わないということですが、あのように髪が豊かで、フサフサとしています。タレントのタモリさんも、入浴は毎日するものの、石けんで体を洗わないと公言しているそうで、

やはり、髪が黒々としています。データを取って調べたわけではありませんから、ハゲと洗髪回数の間にどれだけ密接な関連があるのかわかりませんが、経験上、やはり、シャンプーのしすぎは、髪にとってよくないといえそうです。

では、一体、どれくらいのペースで髪を洗えばよいでしょうか。10日に1回というのは、なかなか難しいでしょう。

ですから、できれば、2日に1回程度にするのがよいでしょう。髪は毎日洗わないと我慢できない、というかたは、毎回使用するシャンプーの量をできるだけ少なめにしましょう。また、お湯だけで洗うのもいい方法です。

いずれにしても、何事もいきすぎはよくありません。抗菌グッズに囲まれた私たちは、抗生物質や殺菌剤の乱用により、ウイルスや細菌などの微生物とつきあう機会が、極端にへってしまいました。その結果、日本人の免疫力は大幅に下がってしまい、多くのかたが、さまざまなアレルギー性疾患に、悩まされるようになってしまったのです。免疫力をアップさせ、健康維持を図るため、私たちは、今の抗菌社会のあり方を、抜本的に考え直す時期に来ているのではないでしょうか。

お湯洗髪
https://blogs.yahoo.co.jp/oyusenpatsu

↑このページのトップヘ