優れた効果を実感

私のクリニックは心療内科専門ですが、育毛外来も併設しており、髪の毛の悩みを抱えた多くの方が来院します。 このため、新しい育毛剤が出ると、私自身が使用してみて、その効果を確認してきました。そんな中、実際に自分で使ってみて、「これはいい-!」と思えなかまつたものが、「ドクター・中松の育毛剤」でした。私は、この育毛剤を1日2回朝晩使用し、自分自身でその効果を確認しました。すると、ほかの育毛剤と比較して、かなり優れた点があることがわかってきました。

まず、私が着目したのは、使用感の問題です。この育毛剤は、浸透性が強いために、頭皮に塗ったときに、頭全体が心地よさを感じ取れます。誤って、顔に流れてきたときは強く染みるため、あらかじめクリームかローションを顔に塗っておくといいでしょう。それほど、浸透性が強いということです。ほかの多くの育毛剤では、使用時、頭皮がスースーとする爽快感があるため、効いているような錯覚があるものですが、実は、これは揮発性成分の効果にすぎません。

たとえ頭皮につけても、有効成分の多くが頭皮の表面に残っているだけで、浸透していきませんので、頭皮にじゅうぶんに染み込まず、髪の生育に関しては、大きな効果が望めないケースが多いのです。

一方、この育毛剤の特徴は、有効成分が頭皮に染み込み、毛根にじかに働きかけるところです。実際に使用し、実感したことですが、この育毛剤を使用すると、頭がクリアになります。朝、この育毛剤をつけると、頭がシャキッとし、頭が目が覚める感覚があるのです。これは、有効成分の頭皮への浸透性がそれだけ高く、脳にもよい成分が入っていると考えられます。私の場合、約半年で髪の質に違いが現れてきました。髪の毛一本一本が、太くなってきたのです。1本ずつが太くなれば、全体として髪の量もふえることになります。
そうした意味での増毛効果が、しだいに感じられるようになりました。もともと私の髪は少しクセっ毛でした。それが、この育毛剤を使 い続けるうち、治 ってきたのです。

これにも、大きな意味があると考えられます。クセっ毛というのは、髪の毛が頭皮より斜めから出ているので、髪の上面と下面での成長が違うために、起こつてくる現象です。クセっ毛がへり、髪がまっすぐになってきたということは、それだけ髪がバランスよく成長していることを示しています。この点からも、この育毛剤は、髪の成長をよりよく促す効果があるといえるでしょう。

実際に、クリニックでこの育毛剤を、勧めたところ、効果が上がり始めました。

女性の薄毛にも効果

例えば、38歳の女性です。このかたは、洗髪時に大量の抜け毛があり、来院。あまりに毛が抜けるので、頭皮を洗うことが怖いと訴えました。そこで、このドクター・中松の育毛剤を勧めました。使いだすと、早速、効果が出ました。

この女性は、それ以来、2年近くたった今も、育毛剤を継続して使用しています。この女性の場合、ストレス性の抜け毛であったろうと推察されます。女性の場合、加齢によって髪が細くなってくると、全体の髪のかさが減少し、薄毛となって地肌が見えるようになるので、それが悩みの種となることが多いものです。

そうした場合も、この育毛剤は効果を発揮します。最初にもふれたとおり、この育毛剤は、髪の毛を太くする効果があります。

髪の毛が1本ずつ太くなれば、薄毛の悩みもかなりカバーできるものなのです。同様に、髪が太くなることで、白髪を隠す効果も上がるでしょう。ただし、白髪を黒くする効果はないようです。さらに、クリニックのスタッフの1人で、23歳の女性が円形脱毛症にかかったときも、この育毛剤を使ってもらいました。すると、円形に脱毛した部分から髪が生えてきたのです。円形に脱毛した部位にさわってみると、そこがパンパンに張っていることがわかります。頭皮が硬く緊張しているのです。

そうして、このように頭皮が硬く緊張していると、たいていの育毛剤は、頭皮の中に浸透していきません。ところが、ドクター・中松の育毛剤は、頭皮への浸透性が非常に高く、硬くなった皮膚へも浸透します。

前頭部がつるつるにハゲていた94歳の男性にこの育毛剤を使ってもらったこともありますが、この場合も、確かに、つるつるの前頭部に新しい毛が生えてきました。つるつるになっても、髪は死に絶えたわけではないということでしょう。

髪は、「発毛期→成長期→退行期→休止期→脱毛期1発毛期」というサイクルをくり返していますが、髪の成長を促すこの育毛剤は、休止している毛根を目覚めさせる効果もある、といっていいかもしれません

https://more-supplement.info/use/archives/1252

ホームレス200人の頭皮を調査した

私の住んでいる地域ではホームレスの人々を多数見かけます。ここで私は、ホームレスの人たちには、ハゲや薄毛の人がかなり少ないという事実を発見しました。

興味を抱いた私は、実際にホームレスの人々200人の頭髪を実地調査しました。すると、ハゲ・薄毛の人はわずかに14人しかいませんでした。7% の割合です。

一方、日本人の成人男性のハゲの率は34% ですから、ホームレスの人たちには、ハゲの人が有意に(明確に)少ないのです。

なぜ、こうした大きな差が生じたか、理由を考えてみました。ホームレスの人たちに、ストレスが少ないからでしょうか。しかし、近くで彼らを見ている私は、居場所がなく、過去も現在も未来もない彼らが、ストレスに満ちていることを知っています。

コンビニで見かけることから、食べている物も、私たちとそれほど変わりません。となると、彼らの髪を守っている条件は、1つしか考えられません。彼らはお金も家もないため、石けんやシャンプーで頭を洗いません。

それが彼らにハゲ・薄毛が少ない理由でしょう。また、常時、ヘルメットをかぶっている自衛隊員にハゲが多いことはよく知られています。

これらを考えたとき、私には、ハゲの真実が見えてきました。前頭部や頭頂部の毛を守っているのは、女性ホルモンです。

女性ホルモンが有効に働くことで、毛根と皮脂腺の酸化を防止しています。ところが、ハゲやすい人の女性ホルモンは、ナトリウムイオンで壊れるのです。
ほとんどのシャンプーの界面活性剤には、ナトリウムイオンが含まれています。そのため、シャンプーによってハゲやすい人の女性ホルモンが壊れ、毛根や皮脂腺の酸化が進み、脱毛、薄毛、ハゲという現象が起こるのではないかと考えたのです。

ほかにも、女性ホルモンを破壊する要素としては、紫外線や汗の影響が挙げられます。ヘルメットをかぶり、頭皮に汗をかいている自衛隊員に、ハゲ・薄毛が多いのも、こういう事情からです。汗に含まれる塩化ナトリウムが、頭部の女性ホルモンを壊しているのです。ただ、同じシャンプーを使ったにしても、ハゲる人とハゲない人がいます。

おそらく、これは遺伝的な要素が関係しており、ナトリウムイオンに接触しても、女性ホルモンが壊れにくい人がいるのでしょう。私は、こうした考え方に基づき、脱毛、薄毛、ハゲなどの防止に役立ち、育毛も促すシャンプーを開発しました。これらの製品には、女性ホルモン様の作用を持つ、プエラリアという植物を配合しています。

シャンプーには、ハゲの原因となるナトリウムイオンを使用していない界面活性剤が使われています。また、有効成分の皮膚への吸収を促すために、フコイダン(海藻の成分)も入れてあります。このシャンプーを、実際に脱毛や薄毛、ハゲに悩む患者さんに使ってもらうと、大きな効果が上がり始めました。使い始めて、1~2日目あたりから、早くも抜け毛がへるなど、目に見えた効果が現れてきたのです。特に女性に、このシャンプーは大きな効果を発揮します。

「カツラじゃないか」と髪を引っ張られる

五十歳の男性の症例をご紹介しましょう。このかたは、別の病気で来院。頭髪の状態を見て、「髪の毛で悩んでいませんか」と聞くと、案の定、悩んでいますとの答え。「どうしようもないとあきらめています」と、そのかたは続けました。

「あきらめなくてもいいんですよ」というと、その男性は、「治るんですか」と飛びつくように聞いてきました。そこで、このシャンプーを使うよう指導したのです。すると、わずか1.5ヶ月で大きな変化が現れました。

使用前と使用後の写真を見ると一目です。短期間で、髪が大幅にふえているのが確認できます。

実は、私自身、父親が完全なハゲ頭(サザエさんのお父さんそっくり) で、家系的にハゲることばわかっていました。事実、若いころから、私の髪ははっきりと薄くなりつつありました。

ところが、今も私の髪はりっばに残っていますし、それどころか、このシャンプーを開発する以前の、21年前と比べても、髪は明らかにふえています。同窓会などで旧友と顔を合わせると、「カツラじゃないか? 」と、髪を引っ張られるくらいです。いうまでもなく、その秘密こそ、このシャンプーにほかなりません。

https://more-supplement.info/use/archives/1252

マイルドで持続的なストレスは髪にダメージが大きい

私は30年来、「円形脱毛症」の治療に携わっています。ここでは、円形脱毛症もほかの病気と同様、早期に適切な治療をすれば、長引かせずに済むことをお伝えしましょう。

さて、円形脱毛症が心身症であることは、広く認知されています。その病因として従来からいわれてきたのがストレス説、自律神経失調説、自己免疫説、内分泌説、遺伝説などです。

ところが、現在の皮膚科学会の主流は、原因不明の自己免疫説に絞られています。ストレスは無関係とする意見も多いのですが、それでは、円形脱毛症は治せません。

この病気を治すには、「ストレスで引き起こされた心身症」という視点に立ち返る必要があります。心身症は自律神経の異常を介して生じます。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスによって、体調を調整している神経です。心身のストレスは交感神経を緊張させて、自律神経の調整力を乱します。こうして交感神経が緊張すると、血管(毛細血管) が収縮し、末梢の血流が悪くなります。そこでダメージを受けやすいのが、頭皮に生える髪です。

というのも、髪は月に1cmも成長する組織であり、成長が速い分だけ、多くの栄養とエネルギーを要するからです。その栄養を供給するのが血液です。すなわち、交感神経の緊張から頭皮が血流不足に陥ると、毛組織も栄養不足となり、不完全な細胞がふえるのです。

問題は、こうして毛組織に不良細胞がふえると、それらを排除するリンパ球が過剰反応を起こしやすくなることです。本来は抜けるべきでない髪が抜け落ちるのも、不良細胞の増加に伴い、過剰に活性化したリンパ球が、毛根に不要な炎症をもたらした結果です。

しかし、その発端に存在するのはストレスです。円形脱毛症の患者さんのストレスは、総じてマイルドである一方、3ヶ月ほど続いているのが特徴です。実際には、そのマイルドな継続的ストレスがいくつか重なり、発症するケースが多いのです。

こうした円形脱毛症のストレスは、複合汚染が体をむしばむように、ジワジワとダメージを与えるもので、本人が自覚しにくい点に問題があります。その典型的ストレスの1つは、睡眠不足( ほとんどの人が6時間以下) です。ストレス対策も、まずはじゅうぶんな睡眠を取り、規則正しい生活を心がけることから始めてください。

乱れた自律神経を整えて血流を促す

こうしてストレスをへらす一方で、乱れた自律神経を整え、血流の改善を促す治療に取り組むと、より回復が促されます。
その効果的な方法として、私は「爪もみ」を勧めています。爪もみは、爪の生え際にある「井穴」というツボを、指で刺せいけつ激する健康法です。

井穴は自律神経の調整ポイントとして東洋医学に伝わるツボです。効果を信じて真剣に行えば、体調の変化を実感できるはずです。爪もみをした後、手がポカポカするのは、交感神経の緊張がほぐされた証拠です。
髪が生えそろうまでは、1日2~3回を目標に、毎日継続しましょう。早期に爪もみを開始し、体を温めながら積極的に血流の回復を図った人は、早期に改善します。

https://more-supplement.info/use/archives/1252

↑このページのトップヘ